top of page
  • 木下

何かのサイトを見るとここ最近は、クッキーがどうの?こうの?ってメッセージが出てきませんか?そのCookie(クッキー) についてお話します。アナタはどうしていますか?大丈夫?

更新日:2022年9月27日



『cookieの有効化に同意しますか?』と言ったような表示が、画面に出てきます。


なんだこれっと思って、そのまま閉じたり、何となく同意をしてしまっている方も多いかと思います。


cookie(クッキー)というとお菓子を連想されると思いますが、インターネットで、どこかのサイトを見る(閲覧)上で、とても重要なものになります。



-----------------------------------------


cookie(クッキー)についてお話しますねっ


まず、簡単に言うと!?

cookie(クッキー)とは、どこかのWebサイトを見た際にあなた自身の情報を一時的に保存する為の仕組みや、またそのデータにあたります。


あなた自身の情報をcookieという形で保存を行っている。

あなた自身が、どこかのWebサイトを再度、閲覧した際に閲覧したWebサイト側がそのcookieを読み込む事で、あなたが見たと相手側が認識する事が可能になるのです。


もう少しかみ砕いて説明しますと


①テレビを購入しようと、Googlechrome(グーグルクローム)を使って、家電屋さんを探します。

②家電屋さんが、いくつか表示されて、一番上に表示している家電屋さんを表示します。

③家電屋さんが、表示されるとcookieを保存しますか?と表示されるのです。

④ここで、保存とするとcookieが保存されます。

⑤その家電屋さんのサイトを再度訪問すると、あなたがサイトを見ていると相手側に認識する仕組みになっています。



💡ここで知っておいてほしい事💡

cookie(クッキー)はあなたが使用しているインターネット ブラウザ ごとに保存をしています。

インターネット ブラウザは?

Google chrome (グーグル クローム)

Internet explorer (インターネットエクスプローラー)

safari(サファリ)


などがあります。ほかにも沢山ありますが、代表的なものを紹介しています


パソコンやスマートフォンで、サイトを検索して、どこかのページを見た際にcookieを保存と聞かれますが、インターネットブラウザごとになります。


パソコンやスマートフォンで、Amazonを開こうとしました。

1度目は、『Google chrome』を使ってAmazonサイトを閲覧しました。

2度目は、『Internet explorer』を使ってAmazonサイトを閲覧しました。


その際に、それぞれでcookieを保存しますか?と表示されます。


なぜ、cookieを保存が表示されるかと言いますと

1度目は、Google chromeで開いた。2度目はInternet explorerで開いたからです。

それは、スマートフォンを同じことを行っても同じ結果になります。

※同じ人で、同じパソコンやスマートフォンでも、インターネットのブラウザを変えると別人だと認識します


少しややこしい話になりますが、


同じパソコンやスマートフォンで、cookie(クッキー)が保存されている状態で、他人に使われると、cookie(クッキー)の情報は、登録されている方のものになるので注意が必要です。


また、cookie(クッキー)は有効期限があり、一定期間を超えると削除されます



文字だと分かりにくいので、図解で説明しますねっ




cookie(クッキー)が保存されるとどうなのるの?

-----------------------------------------

良く閲覧するサイトを再度見る時にログインIDやパスワードを入力しないで、ログイン出来たりしませんか?


少し時間が経っても、ログインの状態が維持されて、何も入力せずにログイン出来る事

それは、cookie(クッキー)の情報が残っていて、また同じ人だからという事でログインできる状態にあります。

(違う仕組みの場合もあります)


cookie(クッキー)がある事、そして有効にすることでユーザー(あなた)がWebサイトを閲覧する際に快適に保ってもらっているのは、cookieを利用しているからになります




cookie(クッキー)は有効の方が良いの?それとも設定しない方が良いの?

-----------------------------------------

cookie(クッキー)を有効かするか?無効か?にするかは、本人の考え方だと思います。

ひとつ申し上げると、cookie(クッキー)有効かしないと利用(閲覧)できないサイトも存在するようです。


もう少しかみ砕いて、お話しますねっ


公共の場でのパソコンやスマートフォン(漫画喫茶や図書館など)


不特定多数の方が1台のパソコンやスマートフォンで使いまわす場合は注意が必要です。


例えば、田中さんが、漫画喫茶に入りメールの確認や色々なサイトを閲覧して、しっかりとログアウトをしないまま、お店を後にした場合

(これ意外に何気なくある感じだと思います。)


田中さんの後に鈴木さんがパソコンに触り、たまたま同じようにメールを見たとします。

そうすると田中さんのメールが開かれました。

鈴木さんは慌てて、再度ログインをし直してメールを開きました。

その後にショッピングサイトへ行くと、また田中さんのログインが残っていました。


こういった事は、漫画喫茶に限らず、図書館にあるパソコンやパソコン教室にあるパソコンも学校にあるパソコンも同じです。


ひとりひとりが個人(自分)を守るために理解して、有効か?無効か?を選択しないと危険になります。


ただ何となく設定すると、どこでどんな形で被害に合うのかわからないので、その都度、確認する必要がありますねっ




cookie(クッキー)の設定の確認方法

-----------------------------------------

今回は、パソコンでのcookie(クッキー)の確認方法の手順をご紹介します。


インターネット ブラウザ(検索サイト)によって、確認方法や削除方法は変わりますので、ご注意してください。


今回は、パソコンでの確認方法なので、ご参考程度にこんな感じで確認できるんだっと思う程度で見て頂けたらと思います。





【1】Google chrome(グーグルクロームの場合)


①右上にあるアイコンのそばにある縦3つの点や線になっているボタンをクリック

 (Google chromeの設定をクリック)

②クリックすると下に色々と表示されます。

③その下に方に、【設定】がありますので、設定をクリック

④設定画面が表示されます

⑤プライバシーとセキュリティをクリックするとまた設定画面に変わります

⑥cookieと他のサイトデータを選択すると下記の画像になります。

⑦下の方に【すべてのウィンドウを閉じる時にcookieとサイトデータを削除する】やその他の設定の確認をすると良いかと思います。





最後に

-----------------------------------------

インターネットが社会に溶け込んできた時は、こんな設定は色々あったのか?無かったのか?私自身も気にして触っていませんでしたので、今となっては分かりませんが、このcookie(クッキー)という設定は、ここ数年かと思います。


そのcookie(クッキー)について調べてみたら、こんなサイトがありましたのでご紹介します。


上記、記事を読むとcookie(クッキー)は始まったばっかりというか、まだこれからの発展途上のようですねっ


ここ数年、SNSを返しての事件や事故が多発している理由もこのcookie(クッキー)が必要になってきた理由のひとつかと私個人的には思います。


ただやみくもに何でも設定するのではなく、ひとつひとつにしっかりとした意味があり、その意味を理解して個々がしっかりと対処をしていく事が必要なんだなっとこのcookie(クッキー)を書いていて思った感想です。


この記事が、少しでも読んだ皆さんの為になれれば良いなっと思い最後にします。


最後までお読み頂いた方へ感謝と尊敬の念を抱きます。ありがとうございました。


他のブラウザの設定や、スマートフォンでの設定方法などもご要望があればブログに書きご紹介したいと思っております。


#パソコン初心者 #スマホ初心者 #スマートフォン初心者 #パソコン教室 #スマホ教室 #初心者向け #シニア向けパソコン教室 #シニア向けスマホ教室 #千葉市パソコン教室 #千葉市スマホ教室 #仕事をそのまま授業にする #パソコンで仕事を効率化

#クッキー #エクセル関数の使い方 #エクセル関数 #ワード #ワードでポップ作り

閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page