top of page
  • 木下

趣味ごとをパソコンで管理

私が教室で教えている受講生からのご依頼でご自宅へ伺った際の資料です。


それは、受講生さんが町内会の囲碁大会の実行役員をされていて、以前より教室にいらしていた時からの質問でした。


表は、ご自分で作れたのですが、計算式を入れた表を作りたいと。

なるべく、入力せずに自動で計算(勝率、順位等)を表示させてたいと。


教室にいらしていた時に個々で、コソコソっと教えてはいたのですが、やっぱり自宅へ帰り、ご自分のパソコンで操作をすると、分からなくなってしまう。

都合の良い時で構わないので、教えてほしいという事で伺ってきました。


年齢は、もう75歳前後になる男性です。


教室には、もう10年近く通われている方です。

勉強内容は、エクセルの初級から上級まで受講、習っている方です。

上級まで、学んでいると、今回の作っている表は難なく作れるスキルにレベルにあるのですが、ここはやっぱり難しいのだと思いました。


私も約6年を超えて教室で色々な方に学生から90歳以上の方まで教えていますが、みんなに共通するのは?


『教室で習う。学ぶの事はできる』しかし、実際に仕事や、趣味の事になると出来なくなる。これは、教室へ通われている方の大半が思う悩みだと思います。


教室で、初級から上級までを学ぶと大半のものは作れるスキルはあります。

それも、すごく複雑な表や関数、計算などなどかなり凝ったものを作れるスキルは学んでいるんです。

でも、出来ないのは?経験とどれだけの物を自分で考えて作ったか?この2つが大きな要因です。

教室では、全ての事を事細かく教えているのですが、ただそれを真似ている為、学んだ事はその場で出来るけど、自分で考えて作っていないので、頭に残らないのだろうと教えながら感じます。


なので、私が教室で教える際は、なるべく答えは教えずに自分で考える事ができる教え方をします。少し意地悪な感じにとらわれてしまいますが、本人の為と思いそのように教えています。


話を戻しますが、今回の表は、総当たり表です。

勝敗数を自動で数を数え、勝率を自動で出し、順位も自動に計算される表です。

ここで、エクセルにて数を数える計算(関数)はカウント、カウントイフを用いるのですが、数えて貰えない事が時折おきます。

それは?数を数える関数の中の式と数を数える表に入力されている文字が式と表とでは違う事です。一見、同じように見えるけど、違う時が大いにあります。

例)●、〇、◯、🔵、◍ 

マルだけでもこれだけの数があります。このマルが計算式のマルと表のマルとで違うと数を数えてくれないのです。


エクセルは、凄く便利なソフトです。


最初は、難しく感じたり、ややこしいイメージや、嫌いって思う方もおられると思いますが、数字が嫌いな人はいらっしゃらないと思います。


数字=お金 数字は嫌いでも、お金が嫌いな人はマズいないでしょう。


お金が好きな方は、ぜひExcelを学んで自分なりの人生設計などを作られると面白いと思います。



最新記事

すべて表示

パソコン教室へ通うかな?と思っている方へ

6年間インストラクターを続けて、最初から今現在まで受講生を見ていて思う事は? 教室には来たけど、出来るようになったのかな? 出来ないまま、教室を去ってしまっている? 学んでいる事は出来ても、実際に活かせているのかな? 何となく来ている方が多いかな? 出来るようになったなぁ~と思う方はホント数名?かな こんな事を思い、感じながら受講生へ教えています。 なぜ?そんな事を思ってやっている?と感じる方も多

Σχόλια


bottom of page